リモートミーティングに参加する前に読むポスト

#おしごと

#リモートワーク

これはなに

社内外を問わず、リモートでミーティングをする機会が増えていることと思います。 これからリモートミーティングに挑むぞ! という前に読んでおきたい心構えやマナーについてご紹介します。

心構え編

  1. どんどん発言しよう!
    リモートミーティングで発生しがちなのが"会話の間"。 相手が話すかな? もしかして自分の番? とタイミングを伺っているとぎこちなくなってしまいます。 どんどん自分から話しましょう!

  2. 明るくハキハキと
    リモートでの会話は、テキストでの会話以上に考えることが多いです! 相手に聞こえるように、明るくハキハキと話しましょう!

  3. ファシリテータが意見を引き出そう!
    リモートミーティングでありがちなシチュエーションとして、会議室×自宅があります。 会議室だけで話が進んでしまうと、自宅でリモートしている方が話についていけなくなってしまいます。 ファシリテータは全員に聞いて回り、相手の意見を引き出しましょう!

環境準備編

  1. 背景はきれいにしよう!
    ビデオ通話を利用したミーティングでは、相手のいる場所や自宅スペースなど、興味をそそるものがたくさん。 それで話が脱線してはミーティングの効率が激減してしまうので、背景は片付けておきましょう!

  2. イヤホンを使おう!
    リモートミーティングを始めるときに、やってしまいがちなハウリング。 ミーティングが大音量のキーン! からはじまるのはイヤなものです。 これを防ぐにはそもそもスピーカーを使わなければよいので、イヤホンを使いましょう!
    僕のおすすめはEarPods(AirPods, AirPods Proも可)です

  3. いいマイクを使おう!
    リモートミーティングで困ることが多いのが"音質"。 何度も聞き返していると時間がもったいないし、自分の気持ちも伝わりづらくなってしまいます。 リモート先の相手が聞き取りやすいように、いいマイクを使いましょう!

実践編

  1. 話すとき以外はマイクをミュートにしよう!
    リモートミーティングでは、たくさんの場所から人が集まります。 その人がいる環境によって、周りの騒音が気になってしまい、肝心の声が聞きとれなくなってしまいます。 リモートミーティングに参加しているみんなが聞きとりやすいように、話すとき以外はマイクをミュートにしましょう!

  2. 相槌は声を出さずにオーバーリアクションで!
    リモートミーティングで相槌を打つと、相手に届くときには既に相手は話し途中の場合が多々あります。 そんなときは、マイクはミュートのままオーバーリアクションで反応しましょう!

  3. 画面共有を効率的に使おう!
    リモートミーティングで「あれ」「これ」は通じません! そういうときは画面共有機能を使って、カーソルなどを動かして指し示しましょう!